人気ブログランキング |

茶色の朝

フランク・パヴロフの「茶色の朝」という絵本を読みました。

世界のすべてが茶色に染まっていくという

なんとも不思議ですが、すごくリアルな物語でした。

話自体は短い話でしたがかなり深く考えさせられる本でした。

パヴロフは多くの人々、特に若い世代に読んでほしいと考え、

印税を放棄しわずか1ユーロの定価で出版。

フランスでは2003年ベストセラー第1位になっています。

しかも絵がなんとあのヴィンセント・ギャロなので

2倍楽しめます。(ギャロの絵は独特です。)

かなりオススメなので是非に・・・

a0133078_19155669.jpg


定価も ¥1050 とかなりお徳です。

ところで、ヴィンセント・ギャロといえば映画ですよね!!

ということでギャロの監督・脚本・主演の映画を2本御紹介☆

(皆さんご存知だとは思いますが・・・)

a0133078_1923636.jpg


バッファロー66

すごく雰囲気がありユーモラスなステキな映画です。

ギャロカッコ良すぎです。クリスティーナ・リッチもかわゆいです。

a0133078_19254023.jpg


ブラウンバニー

この映画はすごくはかなくて悲しいなんとも言えない後味の映画です。

デイジー役のクロエセヴィニーがメチャメチャステキです。

そのクロエがラストに・・・

この2本の映画もオススメです♪
by sunnydays0701 | 2009-08-05 19:40